太らない夜食について考えよう!

痩身エステ:夜食の見直し

夜というと、静かで空気が澄んでいるので仕事や勉強がはかどりますね。 でもそうした中で口さみしくなり、ついついおやつをつまんで後悔していませんか? また帰宅時間が遅く、どうしても食事時間が就寝前になり、翌日胃もたれを起こしたりしていませんか。
ニキビ跡化粧水でニキビ跡に対処法

そんな時はダイエット中でも、太らない夜食を選びましょう。

そもそも寝る前に食事をとってはいけない理由とはなんでしょう。 就寝前に食事を摂ると、就寝中も消化活動のために胃が動きます。すると体が興奮し、なかなか就寝には至らないのです。

反対に胃の中になにもない状態では、消化するエネルギーが必要なくなってしまい、脳に血液が集中して覚醒してしまいます。

就寝前に食事を摂るということは、胃が動いている最中に眠ることであり、当然熟睡しづらく、翌朝胃もたれとなって表れるのです。

ですが、一定のルールを設け実行することができれば、ダイエット中でも安心して夜食をとることができます。

それは冷たいものより温かい食べ物をゆっくりと摂り、満腹中枢を刺激するというものです。 熱い食事は一気に口に入れることはできませんね。ある程度冷ましてから口に入れます。その動作がゆっくり食べるということになり、満腹感を得やすいのです。 さらに、何回も噛まなければ飲み込むことができない食物繊維の多い野菜を食べれば、尚良いようです。

ここで気をつけたいのは、夜に炭水化物を多く摂取しないということです。炭水化物は活動のエネルギー源になります。芋や米、パンなどに多く含まれる栄養素です。これらは朝に多く摂取すると良いでしょう。

子供の頃は、夜遅くまで起きていることもなく食事も夜中に摂る機会などありませんでした。しかし、社会人になると仕事の時間もあり、また人との付き合いで食事を遅くに摂ることも増えてしまいます。

つまり大人になってから体重が増える原因には、主にこの夜食の摂り方が関係しているのです。 最近体重が増えたと思った方がいるなら、一度夜の食事内容を見直してみてください。 そして朝食は日中の活動のために多く、夜の食事は少なく野菜を多めにしましょう。

一日のトータル的な食事量が同じでも、朝や夜に配分する量を変えれば体に負担をかけずに食事を摂ることができます。